住宅内容

住まいへの思い 家造りで知っておくこと 工場見学
サービス品 化学薬品 天然フローリングの価値観
木の調湿作用が健康に影響 リーズナブルな価格  


住まいへの思い

「バイオ・ベース」が建てる家

日本の住まいの平均寿命は約30年と言われていますが、それには理由があり、原価を下げるためにさまざまな場面で、ぎりぎりの材料を使って、人件費を安く抑制するために、一日でも多くの工期を短くすることが常とされています。
結果的には日本の住宅の質を落とし、家の寿命までも短くせざるを得ない状況にしてしまったのではないかと感じています。
家をつくるのは「人」。いくら良い材料を揃えても家を創り上げる「知識・経験・気持ち」というものがありませんと、本当に良い家は出来ないと考えています。
バイオ・ベースが建てる家は、天然木材を独自技術による特殊乾燥炉で製材したものを、経験と技を持った大工が、木造軸組み工法によってじっくりと建てていきます。
本物の家は100年たってもきちんとそこに存在する。
「バイオ・ベース」がつくる家はそういう家です。

「気づかされること」

家の建て方には大きく分けて2通りあると考えます。1つは多くの部材が工業製品として大量生産主義で供給される家、もう一つは地域の気候風土にあった自然素材を活かして手づくりで造る家です。
四季のある日本は、気候風土によって自然から多くの恵みを頂きますが、家に使用される「木」もそれぞれの気候の中で育ったいのちになり、人間にも性格があるように「木」そのものにも性格があるように思います。
バイオ・ベースは、できれば地域の気候風土にあった木材で家を建てたいと考えています。
住まい手の健康やその暮らしを支える地域の自然環境を考えますと、ごく自然にそのような答えに導かれるような気がいたします。

「作り手の使命」

バイオ・ベースはこの世に産声を上げて、3年余りの若い会社になります。
住宅建設に携わって40年以上経験した「棟梁」と呼ばれる人間が2名、そして、環境保全をテーマとした社長を中心に、住宅建設を通してさまざまな取り組みをしております。
家造りに対しては、従来からの古い考え方を大切にするとともに、尚且つ、今の時代に即した前向きなチャレンジとして、「木」が本来保有するさまざまな機能性について、弊社開発の「木材の特殊乾燥炉」の技術検証に入る予定です。
「木」の特性は以前から多くのことが分かってきていますが、弊社は更に踏み込んで、「木」は人間の体にとってどのようなことが有益なのかを科学的に検証できればと考えております。
人間は生涯、三分の二を家の中で過ごすことがわかっていますが、バイオ・ベースの使命は、お客様のその三分の二の人生のほんの一握りでも、お役に立てればと思い日々精進させて頂く所存であります。

家造りで知っておくこと

「日本の住宅市場とユーザーの意識」

日本国内の住宅市場は、大手企業(一部上場企業)のシェアが意外に低く、住宅メーカー10社のシェアは30%にも満たない状況で、右図(A)からも分かるようよう、圧倒的にその他(地域の小規模工務店及び大工等)が占めていることが分かります。
下図(B)は平成26年度の戸建住宅・工法の
シェアですが「木造軸組工法など」が約70%、「2×4」の11.2%と木造住宅の割合は81%に達します。
内閣府の世論調査では「もし、住宅を建てるとしたら、どの工法を選びたいか」という問いに対し、「木造住宅(在来工法)」と答えた人の割合が56.0%、「木造住宅(ツーバイフォーなど)」が24.7%となり、日本人の木造住宅の人気は80%を超えています。



( A ) 新設住宅着工件数
出典: 住宅産業研究所より

(B)⼾建住宅(持家)の工法による内訳
出典: 住宅産業研究所より

住宅を建てる場合に選びたい工法
出典:森林と生活に関する世論調査:内閣府
 

「住宅の選び方について/ 人間の相性の良い素材とは? 」

家を建てるときにどの工法・構造を選ぶかはとても重要な選択になります。
今回は日本の木造住宅を知って頂く上で、あえて建築工法を木造・鉄骨造・鉄筋コンクリート造の3種類に大別しましたが、建築の工法は、
必要とされる材料が異なりますが、ここでは、あえて人間の相性の良い素材と表現していますが、木を使用するのか?コンクリートを使用するのか?鉄骨を使用するのか、それぞれの素材に着目して考えてみたいと思います

木造 鉄骨 鉄筋

「住宅材料別マウス生活環境実験/ コンクリート環境で9 3 % 死亡」

このテストは、日本の静岡大学農学部が行った、マウスの環境実験になります。
木製、金属、コンクリートという3種類の箱(ゲージ)をそれぞれ10箱ずつ使い、同条件で生まれたマウスの生態を23日間観察するという実験を行い数字に纏めたものになります。
木の箱で育った子マウスの生存率は85.1%、金属の箱は41%、コンクリートの箱ではなんと6.9%の生存率でした。
コンクリートの箱の場合、130匹生まれてきた子マウスが9匹しか生き残りませんでした。
この結果から窺い知れることとして、木材の機能性には、湿度調整機能や、熱伝導率の低さがあることから、コンクリート及び金属と比較した場合、マウスの生活環境に木材の特性が有益に働いたのではないかと考える次第です。

「マウスによるやさしい生活環境実験」

経過日数 5日後 10日後 15日後 20日後 23日後
木製の箱 92% 90% 88% 88% 85%
金属の箱 62% 45% 43% 42% 41%
コンクリートの箱 41% 10% 8% 7% 7%

「静岡大学農学部によるマウス生活環境実験」

工場見学

「バイオ・ベースの工場見学とは」   家の柱× 人間の骨

住宅業界での見学会は、一般的に現場での建築中の家の見学もしくは地震対策を目的
とした体験型の見学会が多いかと思いますが、弊社の見学は若干、他とは趣の異なる
内容になっているものかと思います。

木造住宅の現場では、木造を組み上げた柱がむき出しになっ
た中での、さまざまな説明が成されていますが、代表的な
説明の中に、ヒノキ材を使ったこんなに太い木材を使って
家を建てています・・といった雰囲気の見学が多いように
思われます。

家にとって、最も大切なことは何か?といった視点で考えた場合、人間のからだと比較することで、知っておかなければならない点が見えて来るように思います。

人間の体は、さまざまな臓器で構成されていますが、それをすべて支えているのは、「骨」になります。
つまり家の「木材」は人間の骨と同様、重要なポイントとして注視しなければなりません。
家に使用する木材は、山で伐採をされ、さまざまな工程を経て、家の材料として姿を変えますが、その工程の中で見過ごしてはならないのが「木材の乾燥工程」になります。山で伐採後の木材は、多くの水分を含んでいることから、家を建てたあとに、柱等に割れが発生しないように乾燥して水分を抜く作業が必要になってきますが、この乾燥方法によって「家を支える木
材」にさまざまな影響を与えることから、弊社保有の特殊乾燥炉を実際に御覧頂き
ながら木材の特性についてご説明させていただきたいと考えております。

 


「⼭での伐採〜乾燥〜製材〜建築」

     

機械工程ポ イ ン ト
製材
切り出し  

木材特殊乾燥

       
・乾燥方法の種類は
・木材に与える影響は
・木材が持つ機能性は
・天然木材の家が安価な理由は
・各乾燥木材比較体験
・その他家のQ & A
     
工場見学ポイント 施工 完成

サービス品

「住宅設備付帯品サービス」

弊社で住宅を建築して頂いたお客様には、年間を通して先着3件のお客様に対してヒノキ風呂・ペレットストーブのサービス品を付帯させて頂いております。

「ヒノキ風呂」

ひのき風呂の中には精層合板を用いての、大量生産型のお風呂も市場に出ておりますが、バイオ・ベースのヒノキ風呂については、自社工場の特殊乾燥炉を用いた天然無垢材で製作した、耐久性にこだわったヒノキ風呂を提供しております。
ヒノキの樹木には、「フィトンチッド」という、自分で作り出して発散させる揮発性物質があり、リラックス効果をはじめ、抗菌・防虫・消臭・酸化防止などのさまざまな効果があることが知られています。

 

「ペレットストーブ」
 
コンセプト

日本の家、日本人の生活スタイルを考えた
ペレットストーブです。日本の家に合うコ
ンパクトな大きさながら、炎からの輻射熱
と、上下から送風される温風により、効率
的にお部屋を暖めます。
火力と風量はダイヤルにより直感的に調整
できます。炎を扱う機器として、高温時や
地震の際には各種安全装置が作動します。

デザイン

薪ストーブを思わせるスタイリッシュな
フォルムが特徴です。操作パネルには、木
の温もりを感じられる木製スイッチ、ダイ
ヤルを採用しています。ルイーザ・メイ・
オルコットから、信念の強さである「直
線」と、女性らしさの「曲線」をデザイン
に込めました。

     
「ペレット燃料」
 
「タイマー」
 
経済的コストも考えた
ペレット燃料を自動投入
  部屋中を炎の暖かさが
包み込みます

 

化学薬品

「家の中の化学薬品の影響」

私たちの生活環境にはさまざまな空気が存在します。
キレイな空気・汚れた空気と一般的には中国のPM2.5のような具体的な健康被害を考えない限り、普段の生活では目では見えな
い空気の事については、関心を呼ぶことが少ないようですが、ここでは目で見ることが出来るタバコの空気汚染を通してお話しをしたいと思います。
私たちはいったい一日でどのくらいの空気を体に取り入れているのかご存知でしょうか?
答えは、なんと一日に約20kg!!です。
これは実に飲食物のおよそ10倍の量になります。

 

タバコの煙と吸引健康被害

人間の生活の中で家の中で空気を吸う比率は約60%近くと言われていますが、厚生労働省の調査より、たばこが原因で病気にかかりやすくなることも、今の時代では広く知ら
れているところです。

私たちの健康は、空気中に隠れたさまざまな成分を吸引することで大きく左右されることを強く認識しなければなりません。

化学物質に囲まれた居室空間では健康被害が危ぶまれる

それでは、普段から生活する家の中の空気について考えたことはありますか?
たばこであれば、煙・匂いなどで意識も及ぶとか思いますが、中には匂いもあまりせ
ず、目では確認できない無色透明な化学物質がフローリング・家具・ビニールクロス
等、多くの環境に漂っていることも現実的には否定できないことなのです。
 

居室空間で使用される化学物質 化学物質が原因の病気

 

天然フローリングの価値観

「化学薬品を使用するフローリング」

居室空間で接着剤が活用されている代表例の一つとして、リビング等のフローリン
グ材がありますが、下図の天然木と合板の断面をご覧頂けますと、何枚もの板を張
り合わせた合板は接着剤を使用していることがわかります。

一般的に普及する接着剤
で張合わせた合板のフローリング

接薬剤を使用しない一枚でできた
天然木材のフローリング

 バイオ・ベースが天然木材に拘る理由

バイオ・ベースが天然木材に拘るのには理由があります。
本来、大自然の中の森林で何十年、何百年と育んだ「木」には多くの力が存在しています。
人間の生涯を80年と考えた場合、「木」の寿命は
私たち人間よりも遥かに長い年月を生き抜いてきた事実があり、その年月がすべてを物語っているのではないかと考えます。

バイオ・ベースが天然木材に拘るのには理由があります。
本来、大自然の中の森林で何十年、何百年と育んだ「木」には多くの力が存在しています。
人間の生涯を80年と考えた場合、「木」の寿命は私たち人間よりも遥かに長い年月を生き抜いてきた事実があり、その年月がすべてを物語っているのではないかと考えます。

「木材の機能性/調湿作用について」

私たちは、いつも、今現在も生命があり続ける限り、空気を吸って、そして、はいて、そして吸って、はいてを・・繰り返し、人間としての一つの機能性を発揮しています。
同じ生命を持つ木材はどうなのでしょう?
木材の断面を顕微鏡で見ますと、無数の気泡が空いていますが、木は空間 の湿度変化に応じて、水分を吸ったり、出したりし、伸縮する機能をもっており、これを調湿作用と言います。

木の断面/顕微鏡写真
 
化学物質が原因の病気

木の調湿作用が健康に影響

「木の力で湿度を調整」

50%の湿度でカビ・ダニが激減

居室空間の湿度が80%以上に高まると、木の調湿効果で湿度を50%まで引き下げる効果があります。
通常、居室空間の湿度が高くなるとどのような環境になるかおわかりでしょうか?
湿度と言えばカビ・ダニの生息環境が活発になり、人間の体にとってはあまり好ましくない環境と言えるかと思います。
右図でもお分かりのように、木材とビニールクロスでは、木材の方が調湿作用により50%近くまで湿度を引き下げカビ・ダニの生息環境を安定的に下げることがわかります。

 

 

出典::斉藤平蔵「建築気候」共立出版

気中の浮遊菌を激減

居室空間のほこりには、無数の菌が存し、ほこりの1グラム当たり、一般細菌数64000、大腸菌2700、ブドウ球菌2700、セレウス2800、緑膿菌120が発見されています。これらの菌は湿度80%、湿度20%の領域で生存しやすく、図Cで分かるように湿度50%の環境では大半が死滅することがわかっています。

 

 

資料:則元京他 木村研究科No11,1977より

 

 

 

リーズナブルな価格

「天然木材の住宅が安価な理由」

自社一貫体制
バイオ・ベースの考え方は、自社内での一貫体制を取っており、外部へ依頼する仕事がほとんどありません。
山林から自社管理をし、切り出し(木の伐採)、製材、乾燥、施工、メンテナンスとトータルでご対応させて頂くことで、コストを抑制しリーズナブルな価格でご提供できます。
 
バイオ・ベース一貫体制