自然の素材

自然素材の活用

「昔の普通」が「本来の普通」で本物。「今の普通」は偽物。
これは私たち職人が世に問いたいと思うアンチテーゼです。

大手メーカーや一般的な工務店で、もし「普通の家でいいです」とオーダーすると、どうなるでしょう。大抵の場合、ビニールクロスと合板でできた家になります。すなわち「新建材の家」を建てることになります。

ところが建築業界の人間は、自分たちの家を建てる段になると、皆、新建材ではなく自然の素材を使うのです。農家さんの場合も、市場に出荷する野菜には農薬を使い、自分たちが食べる野菜は別の畑で無農薬栽培、というような話をよく耳にします。

新建材がすべて良くないというわけではありません。「本物と偽物の違い」がわかっていれば、明確な理由を根拠に選択することができます。しかし、知らないままだと選択の幅が限定されてしまうのです。

たとえば、「健康になる家」と「病気になる家」、どちらが良いですか?と、もし聞かれたらいかがでしょうか。

新建材は誰が施工しても一定のクオリティが保たれるので、工務店にとっては便利な材料なのですが、そこには大量に使用されている溶剤や接着剤など、日本では十分に周知されていない化学物質のリスクが潜んでいます。現場で施工している側の私たち職人も、そのリスクを負っているのです。

自然素材は「手入れが大変だ」という話もよく言われます。はたして本当でしょうか?

一般的な通念としては、工業製品の方が、手入れが楽で、自然素材は後々のメンテナンスが大変だと考えられています。しかし一概にそうとは言い切れません。工業製品は堅牢に見えますが、紫外線や静電気の影響で汚れが吸着しやすく、時間とともに劣化が進みます。メンテナンスを怠ると脱色や漏水といったトラブルに発展して大きな出費を迫られます。静電気で表面に埃を吸着してしまうため、掃除も大変です。



一方、布地や無垢材などの自然素材は静電気を帯びないので、汚れがつきにくいのです。掃除も楽で、箒で掃いたり、はたきをかけるだけで十分です。5年、10年後、あるいは20年、30年後といった長い時間を経ても、安定して美しい状態を保ち続けます。

画一的な規格で作られた工業製品の建材は、施工が完了した瞬間から徐々に劣化する運命にあります。一方、手仕事で仕上げた自然素材は、時間が経過するにつれて、置かれた環境に馴染んでゆきます。



自然素材には様々な特長があります。吸湿・調湿効果に優れているのはもちろんのこと、素材によっては空気清浄作用や消臭効果が期待できます。たとえば、弊社独自の温存乾燥を施した杉材や桧材には、健康に良い精油成分が豊富に含まれており、鎮静・安眠作用などの環境性能が備わっています。





木製建具

木製サッシや木製ドアの魅力は、何と言っても重厚感ある風合いではないでしょうか。そして、その断熱性能はアルミ(お鍋の材料になるほど熱伝導性が高い)とは比較になりません。木製建具には腐食や狂いといった問題はありますが、結露も起きにくく、手入れさえ怠らなければ、耐久性も申し分ありません。

金属製の建具は登場してから歴史は浅いのですが、その進化には眼を見張るものがあります。機能性、コスト、美観、日本の技術力は本当にすごいと思います。当社も、リスクを冒さず施工しなければならない場合には、アルミサッシを選びます。しかし、お客様の理解が得られるのであれば、木製サッシをお勧めします。

お客様の好みやライフスタイル、予算は、一件一件すべて異なります。そして、全てのものには、長所・短所があります。

その中で、何ができるか。それをお客さまと一緒に考え、工夫して、夢の実現をお手伝いすること。そして、毎日の生活が活力に満ち、笑顔があふれる家を建てること。これこそが、私たち職人の究極の目標に他なりません。







独自のノウハウ「温存乾燥法

自社の低温乾燥窯でゆっくりと時間をかけて木を乾燥させます。色、香り、強度、すべてが最高の状態に仕上がります。


温存乾燥木材で組み上げる木造住宅
花の木の家